前へ
次へ

弁護士会は弁護士法に基づき設立

弁護士会は弁護士の指導、連絡、監督の事務を行っている団体です。弁護士の業務は弁護士法によって定められ

more

気になる弁護士の費用

万一弁護士に仕事を依頼する時が来た時は、費用が支払えるかどうか、とても気になる所です。弁護の報酬は、

more

司法試験を突破するための勉強法

弁護士になる為、司法試験を突破する勉強法は、特別な方法をするのではなく、オーソドックスな王道的な勉強

more

自己破産を行うデメリット

自己破産を行うと、一部分の職業や資格が限定されます。そして、制限を受けるのは自己破産手続き中だけとなっています。 具体的に言いますと、裁判所に向けての申立後から免責の決定が決まるまでの期間というものになります。破産の申立内容によりましても期間はいくらか前後することになりますが、多くのケースは3ヶ月から6ヵ月程度で制限は解かれるので心配しなくて大丈夫です。 しばしば制限に公務員が含まれていると思い込まれがちですが、公務員については自己破産での制限対象には加わっていないところも頭に入れておきましょう。そして、自己破産を行うと官報に記されてしまうというマイナス点があります。 官報は、国が刊行を行っている新聞と似ていて、法改正のときの公示や破産や相続等に関しての裁判の中身が記されています。そして、行政機関の休日で無い限り毎日のように発行が行われています。ここのところに破産事実が住所氏名と共に掲載されます。しかしながら、ほとんど毎日発行されているというにもかかわらず、目を通したことがある方はあまりいないと考えられます。官報は、購読に費用も求められますし、記される中身も一般の方にとりあまり繋がりのないものばかりですから、購読しているという人はさほどいません。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren5set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top